86

【購入報告】トヨタ86(ZN6)を購入しました!

当初予定から2年程遅れましたが、86の前期型、GTグレードをようやく購入することができました。

色はレッドで、前期モデルならではのかわいい顔周り形状がお気に入りです。

購入にあたってはGTグレードを意識して選びました。

 

GTだと何が良いのか

86にはベースグレードの「G」、最上級グレードの「GT-Limited」、そしてその中間である「GT」の3種類があります。(前期モデルに限りレーシングカー用の「RC」もありますが、今回は割愛します。)

今回は、GTグレードであることを最低要件として探していました。

ここまでGTグレードにこだわるのは訳があります。まず、GTとGグレードでは外装・内装共にかなり差があるのです。

一例をあげると…

 ・エンジンスタートがプッシュスタート式

・フルオートダイヤル式エアコン
・ハンドルやシートにレッドカラーを採用


・速度メーターにデジタル表示がある


・ホイールが17インチ

などなど…他にもかなり違いが見られます。

また、GT-Limitedはリアスポイラーがついてきます。価格の割にはさほど惹かれるものもないので、最初からGTに狙いをつけていました。

86の前面バンパー部分には床下まで黒色になるモデル(TRD仕様?)があります。こちらも私のセンスとはあわないので、対象外としていました。

 

エンジン

86に搭載されているエンジンは、スバルの水平対向エンジン「F20A」に、トヨタの直噴エンジン「D-4S」を合体させた2社のハイブリッド仕様。

NAエンジンでリッターあたり100ps(スペック値)を弾き出すものとなっています。

 

トランスミッション

また、トランスミッションには、アルテッツァで使用されたアイシン精機製のものが採用されている…という情報がネット上で散見されます。

日本経済新聞にもそのような記載があります。

アイシン・エーアイは、トヨタ自動車のFR(後輪駆動)スポーツカー「86(ハチロク)」に搭載する6速手動変速機(MT)を「第42回東京モーターショー2011」(一般公開2011年12月3~11日、東京ビッグサイト)に出展した(図1)。「アルテッツァ」の6MTをベースに、外形寸法や歯車の配列といった基本構成はほぼ同じながらも「軽快なシフトフィーリングの実現と、シフトストロークを短くする」(アイシン・エーアイ)ために中身の部品を大幅に見直した。トヨタによると「約8割の部品を新たに設計した」という。

出典:『アイシン・エーアイが「86」向けの6速MT展示、効率高めて操作を軽快に 』
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0202V_S1A201C1000000/

確かにアイシン精機製6MTを搭載しているようですね。完全に同じものではありませんが、ベースとしていることは間違いなさそうです。

 

FR用のコンポーネンツとして、トランスミッションはアイシンAI製のAZ6型6速MTとアイシンAW製の65SN型6速ATが搭載されることになった。もちろんスバル・エンジン用にハウジングのフランジが専用設計されている。

AZ6型は、かつてはアルテッツア、S15型シルビア、マツダ・ロードスター、RX-8(前期型)などに採用されている中容量FR用だ。このトランスミッションはもともと5速MTを6速用に設計変更したもので5速が直結という変則的なデザインであり、86/BRZ用のコンポーネンツとしてはもっとも基本設計が古い。

出典:【トヨタ86/スバルBRZ】インサイドストーリー! 共同開発、700ps、プラグ交換、サスペンションの違い、その真実
https://autoprove.net/toyota/toyota86/114719/7/

また、別のサイトによるとATは65SN型という型番、MTはAZ6型という型番のようです。

出典:https://www.aisin-aw.co.jp/products/drivetrain/lineup/at.html

 

今回私が選んだのはATですので、65SN型になります。

 

今後のカスタム予定

現在はどノーマル状態ですが、今後は

・テールライト(ブラックスモーク)
・ウイング
・ヘッドライト(イカリング)

などに着手する予定です。ご期待下さい!!